MENU

アルギニンは体内でシトルリンとの間で相互変化を繰り返し、その度に副産物の一酸化窒素を生合成

クラチャイダム アルギニン

 

クラチャイダムは、100gあたり1,480mgのアルギニンが大量に含有されているとされ、精力増強成分の代表格のマカの2.5倍含有しています。

 

アルギニンは、クエン酸回路とも呼ばれるTCA回路やオルニチン回路を活性化する働きがあります。

 

オルニチン回路は、疲労物質とも呼ばれる有害物質アンモニアを無毒な尿素に変換する事で疲労の回復を促進する回路ですが、回路でオルニチンに変換されるアルギニンが増える事でオルニチンやシトルリンが増加し、シトルリンがアルギニノ琥珀酸を経てアルギニンに変換される際に一酸化窒素が生成されます。
クラチャイダムには、多くの精力剤に含有されているシトルリンが含まれていませんが、100gあたり1,480mgのアルギニンは体内でシトルリンとの間で相互変化を繰り返し、その度に副産物の一酸化窒素を生合成します。

 

一酸化窒素は全身の血管を拡張する医薬効果を有している事から疲労を回復するだけで無く、男性ホルモンのテストステロンを生合成する精巣の血流も向上させると共にテストステロンの分泌も促進され精力増強効果が期待出来ます。

 

又、下半身の血流も改善される事から、勃起力の増強や陰茎の増大などの男性には嬉しい効果も期待出来ます。

このページの先頭へ